» SDGsへの取り組み

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)は2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。
ツカサ工業では、【従業員、地域社会、お客様 すべての満足の為に、変革し続ける。】という経営理念のもと2020年よりSDGsへの取り組みを実施しています。
また、「健康経営優良法人」の取得などを通して、従業員さんにとって働きやすい環境構築も進めています。

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

JAPAN SDGs Action Platform

ツカサ工業の取り組み

安心で働きがいのある会社へ

3.すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

8.働きがいも経済成長も

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

すべての社員にとって安心で働きがいのある会社にしていく為に、健康経営の取り組みを継続し、また環境の整備も併せて行っています。

健康経営への取り組み

経済産業省『健康経営優良法人2021』に認定いただきました。
地域の健康課題や日本健康会議が進める健康増進の取り組みを実践している企業のうち、特に優良な法人が顕彰される制度です。

ツカサ工業では2019年から継続して健康経営優良法人の認定を取得しています。

仕事と育児を両立できる仕組み

5.ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

仕事と育児を両立できる仕組みを整備していきます。加えてあらゆるハラスメントを防止・解決するための定期面談の実施や 福利厚生及び新しい働き方を推進し、すべての社員が働きやすい環境づくりに取り組みます。

クリーンなエネルギーへ

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

節電対策として、本社工場2019.9・貝塚工場2020.5にすべての照明をLED化しました。これにより電力使用量を削減することができました。今後も社内照明のLED化は進めていきます。

照明のLED化

お互い助け合える会社へ

8.働きがいも経済成長も

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

ダブルキャスト体制を整え社員の層を厚くし、お互い助け合うことでやりがいを感じられるようにしていきます。

iPadを活用したシステム

 

ツカサ工業ではiPadを活用した社内の情報共有と一元化を推進しています。システム化やLive映像配信を通して遠隔からでも情報が分かる風通しの良い社内の仕組みを整えています。

 

地域への貢献

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

AEDの設置で地域の方々の万が一にも準備をし、弊社工場周辺の掃除も定期的に実施しています。

地域清掃への取り組み

AED講習の実施

ツカサ工業ではより安全な工場への取組として、AEDの設置を行いました。社員全員でAED講習を受けています。従業員、来社されるお客様、また地域の皆様の万が一に備え、適切な対応が出来るよう努めます。

廃棄物の削減へ

12.つくる責任 つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

ペーパーレス化を推進し資料のデータ化や名刺をライメックスにし水資源を守っています。また産業廃棄物の排出量削減にも今後力を入れていきます。手袋や荷物の中にある緩衝材の再利用等も実施していきます。
我社は「使い切る」ことを心がけています。

ライメックス名刺

エコキャップ活動

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

11.住み続けられるまちづくりを

都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

12.つくる責任 つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

11.海の豊かさを守ろう

持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し,持続可能な形で利用する。

わたしたちは、多くの賛同者の理解を得てエコキャップを集め、そしてそれを破砕して、ボールペンや、バイクのフェンダーなどのリサイクル製品に生まれ変わらせる運動をしています。わたしたちは、プラスチックごみをださないために、メーカーにはつくる責任を、消費者にはつかう責任を、それぞれリサイクルのために社会的責任を負担をしてもらうべきだと考えています。
メーカーの協力を得て、リサイクル製品をつくるための技術開発を促し、持続可能な社会を実現するために、多くの方にエコキャップ運動を理解してもらえるよう、普及活動をしていきます。
そして、世界中の海から、海洋汚染をなくしていきたいと思います。

エコキャップ活動

サンプルピースの郵送、工場見学、お見積はすべて無料です

ツカサ工業では、お見積・工場見学・サンプルピースの郵送をすべて無料で行っております。(全国対応可)
特にサンプルピースは、溶接の出来栄えを実物でご確認いただけますので、サニタリー以外の一般配管でもお気軽にお問合せください。
また設計担当もおりますので、設計段階・設計の前段階の状態でもご相談を受付けております。
お問合せ担当:的羽