ツカサ工業のサニタリー配管工事について |

製薬用のサニタリー配管工事とは?

医薬品の製造や、容器・設備の洗浄に使用される製薬用水には、その品質が恒常的に保たれる必要があります。
そのため求められる品質の水が供給されることを適正なバリデーションによって検証し、日常的な水質管理が必要となります。
サニタリー配管はわずかな繋ぎ目のズレやブレがあっても、細菌の発生する原因となりえるため、より高い技術と安定した品質が求められます。

 

ツカサ工業のサニタリー配管工事について

ツカサ工業では、医薬生産設備(海外メーカー含)全般の装置製造、現地工事(改造工事)、検査、メンテナンスの実績がございます。

製薬工場内で使用されるサニタリー配管工事は、一般的な配管工事よりも衛生管理が重視されることが特徴となります。
食品や特殊ガス、製薬では特に異物の混入や雑菌の発生は防がなくてはなりません。
そのため残液が溜まりにくいように、また取り外して洗浄がしやすいような構造と軽量化、表面・内面への研磨処理が必要となるため、品質面の向上と共にその仕上がりにも常に改善を行っています。

サニタリー配管工事は、ひとつひとつのパーツの品質とともに、それらの整合性・工場として安定した稼働が出来るかも非常に重要であると考えているからです。
そのためには、製造開始のスケジュールや工期も決して度外視することは出来ません。
限られたスペースと工期の中で設計の意図を汲み取り、ご相談とご提案を繰り返しながらお客様との協働を通し、スムーズな工事が行えるよう心がけています。

 

医薬用精製水供給装置

製薬用水は、医薬品製造工場において容器や機器の洗浄に使用される他、直接体内に注入される輸液剤、注射剤の原料としても位置付けられるため、各国で高度な品質管理が求められる設備です。製薬用の水は、最終製剤の品質において適切な水準を維持出来るよう、各工程の水質レベルを検討する必要があります。特に精製水の製造にあたっては適切な微生物管理が重要です。その用途や目的に応じた規格に適合した水質を維持するため適切な管理を行う必要があります。

 

現地配管工事

現場での設置工事にも対応しております。設計図や図面通りの仕上がりになることと共に、実際のスペースや配線・条件に応じて最適な工法をご提案致します。また、一定の品質をお届け出来るように同チームでの派遣を行っております。ツカサ工業では、現地での溶接含めた作業を最小限に抑え、出来る限り工場製作を行うことで衛生面にも配慮を行っております。工場内で梱包まで行い衛生的に搬送・現地での据え付け致します。現場監督さんのご負担を減らし、スムーズな工事と納品が進められるよう、スタッフが一丸となって取り組みます。

 

特殊自動溶接

ローネック溶接など、独自の手法で溶接を可能にすることで手動溶接を減らすことが出来ます。
また、L+L以外でも対応可能ですのでご相談ください。

 

プレハブ

特にスペースが限られている現場では、様々な部品・機器との干渉はどうしても発生します。
既成品での対応が難しい場合には、作図から加工まで行うことが出来ます。
また1つからでも、製図から加工・溶接まで一貫した対応が可能です。

 

タンク製作

用途に応じた規格に基づき、汎用貯蔵タンク、撹拌タンク、ろ過用タンク、乾燥用タンクなど各種タンクの製造設置に対応しています。容量については、数リットル~1tまではツカサ工業にて製造を行うことが出来ます。それ以上の容量が必要な場合には協力会社さんへ依頼をしております。特に製薬用に関しては内壁への残液を気にされる場合が多いため、よりスムーズに排出が出来るように研磨仕上げを行い、最小限の残液処理となるよう努めています。
※写真は3リットルタンクです

ASME規格への対応について

ASMEとは、米国機械学会(The American Society of Mechanical Engineers) の略称です。日本のJIS規格のように海外で策定された規格となり、国内品とは規格が異なるため繋ぎにくい特徴があります。一般的にはこの場合、海外から購入しなければなりません。ツカサ工業では削りだしで加工をして納めたり、海外からの購入実績がございます。

仕上げから検査について

鏡面仕上げ、電解処理、検査一式への対応を行っております。また、一重のタンクだけではなく、二重管構造のタンク製造実績もございますのでお気軽にご相談ください。組み立て、溶接、検査はツカサ工業にて対応致します。バフや電解研磨は協力会社さんに依頼をしております。

 

出荷から搬入

入念な品質チェック後に、梱包し出荷、定位置への設置(据え付け)まで一貫した対応を行っております。
クリーンルームでの搬入や、移設作業も承ります。その際には搬入計画書の作成も行っております。

 

不動態化処理

耐食性の向上に必要な不動態化処理に対応しています。ステンレスにわずかに含まれる鉄が錆の原因となるため、錆びないように直接ステンレスの内面に液剤を通し、被膜を作る作業です。

不動態化処理の対象について

不動態化処理は現地配管内からプレハブまで行っております。また、プレハブ・タンクにつきましては電解処理も対応可能です。施工要領や計画書を作成の上、着実に対応を進めてまいります。

フェロチェック

ステンレスの寿命向上に役立つ他、短時間で結果が判別出来るためお客様のお時間を取らせません。
報告書を提出させて頂きます。

フェロチェック(施工前)

フェロチェック(施工後)

その他各種検査【バリデーション】

ツカサ工業ではサニタリー配管工事の他、下記の各種検査も対応しております。

■ 材料受入検査
■ テストピース検査(自動、手動)
■ 溶接検査(自動、手動)
■ 内視鏡検査
■ 枝管長さ検査
■ 電解研磨検査
■ 不動態化処理検査
■ 気密検査

その他検査も実施致しますので、お気軽にご相談ください。

内視鏡検査風景

ご要望に応じて配管内部の内視鏡検査にも対応しております。
裏波状態や管内の状況を確認し、データを編集しご提出させて頂きます。

サンプルピースの郵送、工場見学、お見積はすべて無料です

ツカサ工業では、お見積・工場見学・サンプルピースの郵送をすべて無料で行っております。(全国対応可)
特にサンプルピースは、溶接の出来栄えを実物でご確認いただけますので、サニタリー以外の一般配管でもお気軽にお問合せください。
また設計担当もおりますので、設計段階・設計の前段階の状態でもご相談を受付けております。
お問合せ担当:的羽